« ロマンチック零一 | トップページ | 先生と博物館デート »

2011年9月26日 (月)

シタランとヒムロッチ

1109152trn

氷室先生のピアノに感激したなおちゃん、氷室先生もピアノがとても上手です設楽さん知ってましたか ?  とシタランにメールしました。

1109171trn

私はGS3デビューなんで、1の先生のピアノシーンを見た時に、それから7年経って放課後にピアノ弾いてるシタランが現れた時先生はどう感じたんだろうな、って思った。
そして3では、本編ではないけど放課後の音楽室でのシタランと先生の会話を聞くことができます。

シタランが音楽室にいるところに先生が突然入ってきてびっくり。元々音楽室のピアノは氷室先生のおもちゃになっていたと知っているシタランが、ピアノを弾きにきたんじゃないのかと聞くと先生は「私が次にここでピアノを弾くのは、君が卒業してからと決めている。君のピアノに慣れた生徒たちに私のピアノを聴かせたくない。これでもプライドはあるからな。」と返答。
音楽家を両親に持ち自らもピアノを弾く先生だから、シタランの才能はもちろん、どうしてシタランが放課後ここでピアノを弾いてるのかも全部わかってたんだろうね。音楽室を出る時に「全力でやってみなさい。やらずに後悔するより、やって砕け散った方が気分もいいだろう」と声をかけて去っていく。
これまで誰にも理解されなかった自分自身の問題に初めて、直球で言葉をくれた先生。このことがなければもう一度ピアノと真剣に向き合うと決心することはなかったかもしれない、とシタランは回想します。

んー・・・・  こんなのなぁ。1やらなかったら特に意味はなかったよ。なんで先生が音楽室に来たのか、なんて全く気にしてなかったし。やっぱり1やって良かったよ。

« ロマンチック零一 | トップページ | 先生と博物館デート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロマンチック零一 | トップページ | 先生と博物館デート »

*ご注意*

  • このブログにある文章や私が撮った風景・花・人形・情景などの写真の著作権は、管理者兼投稿者である私「武原ゆら」にあります。転用・複写・加工など、一切を禁止します。

スミス

  • マインクラフトvita での相棒。本名ブラックスミス。スキンヘッドに裸エプロン、その上筋肉隆々、いつも笑顔の爽やかな奴。鍛冶屋なのに建築したり線路引いたりしている。

メルト

れんか

ご紹介

ブログ


  • メルトくんとれんかちゃんのアルバムブログ

LOVE SILVIA 同盟

  • 日産シルビアをちょっと好きな人から心から愛する人まで参加不参加自由自在! 活動内容:シルビアを好きでいる  特典:特になし/このバナーでよければサイトやブログにどうぞ♪

サイドバーのアリンコン

  • Apkero411
    サイドバー用に撮影したアリンコンの写真
無料ブログはココログ