« 2012年、明けました | トップページ | DMCシリーズを見て② »

2012年1月 3日 (火)

DMCシリーズを見て①

なんだかんだで「Devil May Cry」シリーズを1~4まで見た。
せっかく見たので感想を、自分メモ的に書いておこうかな、と。ストーリーもちゃんとあっていいゲームだったしさ。

このゲーム・・・というかお話は、時系列で並べると、3→1→4→2 なんだそうだ。もうそこで違うと思うw
どう考えても 3→1→2→4 だよなー!wwww  なので私は 3→1→2→4 だと思うことにします。
いいんですこういうのは。作品というものは外に出てまわりに深読みされて誤解されて初めて完成するもんなんだから、いいんですよ、こっちの都合でどう解釈したって。私の中ではこう完成しましたよ。

で、ダンテとは一体誰なんだ、と。私もずっとわかんなかったんだけど、やっとわかったよ。
むかし、魔界はあってはならぬものだと目覚めた悪魔・スパーダが封印した魔界を復活させようと企む人間たち (こいつらがまた全部悪魔化しているのだが) と戦っていくのが、スパーダと人間の女との間に生まれたダンテ、ということです。つまり、完全に正義の味方です。デビルマンの息子だから・・・・  子デビルマンです。

1はねー、第一弾だけあってゲームとしておもしろいのはもちろんなんだけど、案外それだけって感じもしたかも。後に出来てくる2以降のものにインパクトがありすぎて1は薄い感じがしちゃうんだろうね。それに、最後の最後が恋物語になってしまうこととご都合主義的楽ちん脱出劇で甘さもあるし。でもそれはそれでいいと思う。ゲームだからね。

トリッシュに母親の面影をみているダンテってことで、敵か味方かプレイヤーにもわからない不思議な女トリッシュを、ダンテははじめから悪く思ってなかったんだろうね。まぁそんなことに注目してゲーム見てなかったけどさw
トリッシュはどうしてダンテに惚れたんだろう ?? なんか決定的なことってあったっけ ?? (・_・)  もう忘れたけど。
トリッシュは悪魔に作られた魔物で敵だったんだけど、対決した後ダンテのピンチの時にかばって死んでくれるんだよ。するとダンテは、母親も自分をかばって死んだ、そして母に似ているこの女のことも救えなかった、と落涙。しかしその涙により蘇ったトリッシュとの力で最終決戦で勝利する。
謝ろうとするトリッシュが流す涙を見てダンテが言う

「Devils never cry. This tear... tears are the gift only humans have.」
(悪魔は泣かない。その涙は・・・ 人間の宝物だ。)

やっぱりねー、この台詞だよね。この台詞で、このゲームがわかった気がしたもんですよ。ここから「DMC」が始まったんだな、と思わざるを得ない名台詞だね。

これがなかったらこんなに興味もたなかったかもしれないなぁ。あたしはこの「Devils never cry」にやられたわ。
そしてこの台詞は後に続く、2、3 でも素晴らしい使われ方をしていきます。

ダンテはシリーズ通して、デビルハンターという商売をしてるんだけど、1では事務所の名前が「Devil May Cry」なところから始まって、最後はトリッシュと一緒に仕事を引き受ける「Devil Never Cry」という事務所になっています。

それから・・・ 後に発売される3ではダンテが身に着けているアミュレットが鍵になるんだけど、1でもちょこっとアミュレットについて触れていてその時に、ムービー中の声だけなんだけどすでにお兄ちゃんのバージルの存在が出ています。小さい頃にお母さんから誕生日プレゼントとしてこのアミュレットをもらったらしいですね。
その頃はきっと仲良し兄弟だったんだろうにな・・・
それからねぇ、これ・・・www  実は冒頭でトリッシュの台詞としてダンテがどういう人なのかの説明があるんだけどさ、なんとですね・・・・
「20年前、母親と兄弟を魔族に殺された、伝説の魔剣士の息子、ダンテ」  だって!
へーーー! この時はまさか続き物ができると思ってないから、バージルもママと一緒に死んでたんだね。それ故このゲームには、敵悪魔としてバージルが出てくるんだよねー。実は、それが後に発売される3でちゃんと引き継がれているのですよ!
そのことについては、3のお話で触れようと思います。

しかし・・・ここで20年前ってことはさ、それでママを助けられなかったって悔やんでるくらいだとするとこの時点で30はすぎてるよなぁ・・・ このダンテはステキに落ち着いてるからまぁまぁ納得だけど、3って何年前の設定なんだろう・・・
でもまぁ、全てをちゃんとした続きだと思ってみると何がなんだかさっぱり意味がわからなくなりますwwww  もうね、ストーリーについてはいいとこ取りだけして自分の中で都合よくつなげて楽しく解釈するのが1番のようです (・∀・)v

っていうか、1ダンテは本当に好青年なんだよなー(・_・) 真面目だし爽やかで落ち着いてて人間的だし、普通にかっこいいお兄さんなんだよな。これなら将来2ダンテになってもそれ程違和感ないし、このダンテなら3程バージルを嫌わないだろうし。・・・兄弟のことについてはその方が悲しいか。
なんで3であんなんなっちゃったんだろww 時系列でいうと1の方が大人になったからって後付け理由だろうけど、3ダンテはなぁ・・・www  あれがこうなるとはとても思えない好青年っぷりがステキな1ダンテです。

Dmc1dante2trn

特技の飛行機の操縦を披露している1ダンテ。「空は誰の上にも平等だ」

« 2012年、明けました | トップページ | DMCシリーズを見て② »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年、明けました | トップページ | DMCシリーズを見て② »

*ご注意*

  • このブログにある文章や私が撮った風景・花・人形・情景などの写真の著作権は、管理者兼投稿者である私「武原ゆら」にあります。転用・複写・加工など、一切を禁止します。

スミス

  • マインクラフトvita での相棒。本名ブラックスミス。スキンヘッドに裸エプロン、その上筋肉隆々、いつも笑顔の爽やかな奴。鍛冶屋なのに建築したり線路引いたりしている。

メルト

れんか

ご紹介

ブログ


  • メルトくんとれんかちゃんのアルバムブログ

LOVE SILVIA 同盟

  • 日産シルビアをちょっと好きな人から心から愛する人まで参加不参加自由自在! 活動内容:シルビアを好きでいる  特典:特になし/このバナーでよければサイトやブログにどうぞ♪

サイドバーのアリンコン

  • Apkero411
    サイドバー用に撮影したアリンコンの写真
無料ブログはココログ