« まるおくん、散髪する | トップページ | なんと新住人が »

2015年1月26日 (月)

ちょっと書いておく

来月の四大陸の放送がいつなのかは知らないけど、きっといつも通りに見ると思う、忘れなければね。
そんなことを考えてたつきちの「幻想曲」と「第九」を見たら、次の試合見た時に、あぁもうたつきちいないんだなーって実感したりするのかな、とかちょっと思ったら、なんとなく淋しくなっちゃった。

あんなに見ごたえのあるプログラム、他の誰もやってないじゃんできないじゃん。たった数分なのに見終わた時のあの充足感たらないよね。そんな人もう出ないよ。
みんなたつきちに影響受けて今季はミルズ先生に振付頼んだ人多いけど、誰1人としてたつきち「みたい」にすらなれてない・・・ いや、そもそもさ、ああいう振付してないもんね。
・・・んー、曲の解釈・・・ そうだね、アナリーゼというよりは、その曲に対して自分自身が持ってるイメージと、その曲に何を見ているのかってことをたつきちとミルズ先生でお互いに擦り合わせて擦り合わせて共有してこそ生まれた作品であったわけだから、「たつきちくんのプログムすてきでしたー(・∀・) 私にも作ってくださーい♪」じゃねぇ。そら無理ですわなあ。

この先、またたつきちみたいな熱を持った選手が現れてくれたらいいなあ。少しくらい下手でも気持ちで乗り切れるような、本当に心に届く選手がいてくれると競技会も楽しみになるんだけどなー。
ミルズ先生も淋しいだろうな。

なんかね、ちょっと気になったことあんだけどね。
「雑誌かなんかのインタビューでは今季の世界選手権まではやる意思あったよね」とか、なんかあの・・・ 「返せ!」とかってのをちらほら見たりしてて、んーーー・・・

まぁ気持ちはもちろんわかるんだけどさ。
ひとつだけ言えることはね、たつきちは前々から言うことコロコロ変わる人だよってことかな。
その瞬間はウソのない、正直な気持ちを言ったのは間違いないけど、特に今回の件に関してはさ、時間が経って状況も何もかもが変わった時にさ、1年近く前と同じ気持ちじゃなくなっててもおかしくないと思うんだよね。時間は誰の上にも平等だし、今回のあの子の場合は全ての面で変えざるを得なかったり自分で新しい道を選んだりしてまさに人生が変わる時期だったわけだからさ、気持ちだって変わるよそりゃ。

自分が出てない試合のことも当然知ってたはずだから、不正ジャッジに腹も立ったろうし自分含め他の選手に対して不当に評価が低すぎることにも傷ついたとは思うよ、それがキッカケにはなったかもしれないけど「心が折れた」とは私は感じてないし、ましてや「返せ!」なんてまったく思わないや。例の奴のせいで辞めたわけじゃないよ。たつきちはそんな小さいつまんない奴じゃないよ。

なんのこだわりなのか、今までずっと「関東出身」を強調してたから、4月から関東で暮らすことはどっちかっつーと嬉しいんだろうし、あれもやろうこれもやろう、ああもできるのかなこうもできるのかなって、きっともう気持ちが「自分自身の人生」の方に向いてたんじゃないかなあ。だって大学院合格してからフリーまったくハマらなかったじゃん。多分、もう気持ちが半分くらいは未来へのわくわくになってたんじゃないかと思うんだよね。ハッキリ言っちゃうと、そんな気持ちでできるプログラムじゃないでしょ「第九」って。辻褄が合うんだよなー、こう考えると。
んで、そこに持って来ての度重なる不正ジャッジ・不当低評価で、「あ、もういいや」ってことじゃないかと思うんだよなー(・_・)  なんかこう、ストンと荷物手放せたっていう感じかなあ。世界選手権の枠はとれたし、それを無良に渡せるなら本望、もうここ (競技選手) はいいや(・∀・) と。

自分の居場所見つけた人は強いからね。たつきちもそうだったんだと思う・・・  そうであってほしいな。
みんなが思ってる程強くもないけど、みんなが思ってる程暗くもないと思うんだよなー。

あー・・・ そういえば・・・  まぁ自分の写真もらって嬉しいのかどうかわかんないけど、数年かけてアルバムをたつきちの写真でいっぱいにしたらあげようと思ってたのに、渡せなくなっちゃったなあw あいつ普通の人になっちゃったよ。
自信作の1枚は見てほしいと思ってたんだけど、本人の目には触れずにおしまいか。
日の目を見せられなくてごめんね写真たちよ・・・  とっとと送っとけばよかったのかな。まぁいっか。

MOI で「幸せな競技生活でした」って泣いてたじゃん。
あれは涙が止まらなかったなあ。個人的にはこんな嫌な世界なんかから早く脱出してくれ、とは思ってたけど、それ聞いた瞬間、ああ引退するってコレを聞くことだったのか! と。
たつきちの引退と私はまったくなん・・・・の関係もないのに、ああああこんなこと言わせちゃったよおおおおお(>_<) みたいな罪悪感もちょっとあったかなあ。とにかくあれはキビシかった・・・  今でも聞きたくないね。千代の富士の「体力の限界」と同等ですよ。なんかもう、切なくて痛くてどうしようもなく涙が出て、辛かったなああれ。今書いてるだけでも涙出るわ。

台風みたいな奴だったなあたつきちは。もういなくなっちゃった。
でもいいさ、これからは自分の好きなことを自由にやったらいい、スケート靴はきたくなったらはけばいい。考えたいこと研究したいことに1日を費やせる、今まで体験したことのない贅沢な日々を満喫してくれ!
たつきち! 幸せになれよ!  みーーんなそれを望んでるんだからな! (・∀・)v

« まるおくん、散髪する | トップページ | なんと新住人が »

コメント

ゆら様

樹くんの話をのせてくださって、とても嬉しいです。
毎日、「幻想曲」や「第九」や「白夜行」や「エデン」や「ジュ・トゥ・ヴュ」が頭の中で繰り返し繰り返し流れてて、涙がこらえ切れない状態です。ふとした瞬間にぶわっと涙が溢れてしまい、ごまかそうとして困ることもしばしば・・・。
本当ですね。次の試合が始まれば、樹くんが観られないことを更に実感してしまうのでしょうね。愛する人をいきなり奪われたような感覚でしょうか?それに比べたら、彼は生きていて、しかも新しい目標に向かって、誇りを胸に堂々と歩んでいっているのだから、愚痴っていたらばちが当たるかもしれませんが・・・。
ゆらさまのおっしゃる通り!彼のようなスケーターは二度と現れないような気がします。強いて言うならジェレミー・アボット選手も心のこもった素晴らしい演技でしたが、技術的に4回転や高レベルのステップが安定している樹くんにはやはり追いつかないですね。本当にもったいない!!!!!!あの「第九」は何回もかけて滑り込めば、きっと「エデン」に次ぐ、いやそれ以上の「フィギュア史上歴代の傑作になりましたよ。八百長操作が無ければ、世界最高得点も十分取れる作品だと思います。
ミルズ先生に出会えたこと、それも樹くんから熱烈アプローチして依頼してのエピソードに、胸が熱くなります。出会うべくして出会ったのでしょうね。フィギュア界の「不要・意味不明・諸悪の根源」である採点操作やいい加減なジャッジの思い込み採点が無ければ、どんなに面白く素晴らしい世界が展開されたかと残念でたまりません。
一部トップの人物だけに温情採点ばかりでは、血のにじむような努力を重ねた選手やダークホース選手の誕生をつぶしてしまい、全く楽しくない「お決まりのショー」を見せられるのと同じです。
「・・・返せ」の意見は知らないのですが、大体樹くんの電撃引退を責めるような発言をするのは某選手ファンですよね。ニワカファンが盲目になって、知ったような口きくんじゃない!と怒鳴りつけてやりたい。
男気がある樹君は選手友達が多く、彼がジュニアの頃から一緒に戦ってきた仲間達が苦渋の決断をしてどんどん引退し、セカンドキャリアの形成に苦心しているのを見てきました。だからこそ、今回の引退宣言をもって、世間にその現実問題を提起し、またスケ連が利益をむさぼるだけで何もしていない現状を曝してくれた事を、全く分かっていない。枠取りのためだけに彼を責める連中の、何という了見の狭さ!

でもゆらさん、大学院合格してから「第九」ハマらなかった、とおっしゃていますが、スケートアメリカで完璧ではないにしろ、完成度の高いフリー演技を披露してくれたのは、合格確定した後でしたよね。ファイナルであのような結果に終わってはしまいましたが、フランスでも銀取れましたし、卒論はやはり生半可な姿勢ではできないですし、むしろそれを抱えながらも、よくここまで頑張ってくれたな、とは思います。
中国杯の支離滅裂な結果は、確かに他の全ての選手に不信感をもたらしました。樹くんは、それよりもずいぶん前に、コンディションが悪い時に無理して出場すべきではない、不完全な作品を見せるのは観客に申し訳ない」というような発言をしていましたから、この顛末にはあきれたのではないかと推測しております。多分、ISUや日本スケ連は、もう順位も決めているのだと分かってしまったのでしょうね。これではモチベーションも上がらないはずです。だからファイナル辞退も申し出たのかもしれません。
そして、全日本でのショートの採点。
会場では誰もが樹くんのダントツ1位を確信していた状況で、あの点差ですから。
ゆらさんのおっしゃる通り、樹くんだけでなく、人間誰でも気持ちは変わりますよね。もしかしたら、あんな出来レースでなければ、樹くんは世界選手権まで出るつもりじゃなかったのかな?とも思います。でもこのままじゃ駄目だと考えたのではないでしょうか。
某選手というよりも、この現状を変えるべく、立ち上がったのだと思いたい。某選手は足元にも及ばない、すでに樹くんはフィギュアの真の頂点に立ったのだと思っています。最後の2作品は、作られたチャンピオンすら霞むほど、完成されたものでした。数年後、数十年後に人々の心に残っているのは、樹くんの作品なのは明白でしょう。
樹くんが見据えているのは、もっと大きな革命だと思います。そう信じたいですし、応援したいです。

樹くんのお写真うらやましいです~。こちらに掲載することはできないのでしょうか?ご本人の承諾を得ないと駄目ですかね。残念です。

MOIの最後の言葉、本当に樹くんのファンへの愛に溢れていましたね。こんなにファンを愛してくれた選手がいたのでしょうか?彼のこの言葉に救われた方も多かったと思います。彼の紡ぎだす言葉には、『言霊』が宿っていましたね。こんなにも引き出しの多い人物は、後にも先にも樹くんしかいない。
きっと、この先、樹くんは帰ってきてくれますよね。
絶対、絶対忘れないです。

ゆらさま、長文失礼いたしました。
お気持ちそのままに、本当に書き綴っていただいて、涙涙です。

さくらさん
あー、スケアメ以降はハマらなかったことを言いたかっただけですねー(・∀・)
あの時は合格した瞬間だったからまだ未来にわくわくする余裕はなかったんだろうなと。

「返せ!」っていうのは、例のあいつを嫌いな人たちから時々出る言葉なんですよ。
「そりゃぁあんな扱い受ければ心も折れるよ」とか、まるであいつのせいで引退したみたいな感じに
言う方々がいらっしゃって・・・  んーーーー・・・・
でも、なーんかね・・・  なんだろうなあ、「例のあいつの影響で」なんてことは
私が許さん! って感じなだけですw  私が嫌なんですよ、「あいつのせいで」とか。
実際ホントのところは本人にしかわかんないんだし、まぁ自分のいいように思っとけばいいかなということで
自分が思うことを、まぁそうね、日記というか記録というかね、自分の部屋で書いておく分には
誰にも迷惑かかんないし、いいよねー みたいな感じです。

たつきちの写真・・・ 確か何枚か載せてますよ。自信作は盗まれるのが嫌なので載せてませんが。
ヒマな時にでも「写真」カテゴリーでしぼってみてください
小塚くんも綺麗に撮れてます。
たーしか何枚か載せたと思ったなー・・・

ゆら様
お返事ありがとうございます。
「返せ」の意味が分かりました。
てっきり、今季途中で引退するなら強化費用を返せ、などと言い出す輩がいたのかと憤慨して、興奮の書き込みをしてしまいました(汗)。失礼いたしました。
まあ、確かに個人的には、何度見返しても世界選手権2014は樹くんが金メダルだと思いますが。(海外の解説者も樹くんのFS直後に初出場金メダルだと大喜びしていて、こちらも興奮しまくりましたし)
でもそうですね。ゆら様のおっしゃる通り、あの選手のせいで『心が折れた』のとは違いますよね。あの選手さえいなければ、などと、次元の低い考えで諦めて去っていくのではないですよね。ただジャッジの採点が匙加減でいかようにも手数操作できる状況には納得しているとも思えないですが。特に会場であの演技を見た観客がイチバン分かっているでしょうし。
ゆら様の『私が許さん!』には本当にスッキリします(^0^)/

お写真拝見いたしました。こんなに近くでたっくさん撮っていらっしゃるのですね~。どれもとても素敵です。うらやましい~。こんなに活き活きとした表情を撮れるのも、それだけ近くにいて、少しでも良い写真を撮るんだ!という『愛』がこもった賜物なんですね。せっかくご本人に渡すつもりがあったのでしたら、渡しそびれはもったいないです~。
多分、ファンの方が、こんなに愛のこもった写真を撮っていてくれたことをとても喜ばれるのではありませんか?樹くんのお母様もきっと大喜びされるでしょうし(樹くんのお母様のエピソードを読み、そのお人柄の素晴らしさにまた感動ひとしおでした)。大学かスケ連は、今年度いっぱいなら手紙等を受け付けてくれるかもしれませんし、是非プレゼントしてはいかがでしょうか?
またまた長文を失礼いたしました。

さくらさん
そーそー、そうなんですよ、「あいつのせいで」なんて次元が低すぎるんですよー
そういう・・・  まぁ、要はみなさんたつきこそ「見たい」選手だ、ということを言いたくて
あの引退が素直に悔しくてそう言ってるんだろうなーっていうことは理解はできるんだけど
理由をそこに結び付けるような言い方はしないでほしいなあ、というね。
絶対にそんなくだらない理由じゃないはずだもん(・_・)

写真ねー、どうしましょうかねー
大学かー。学校に送るのかー(・_・)
みんなどこに送ってんのかなー??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まるおくん、散髪する | トップページ | なんと新住人が »

*ご注意*

  • このブログにある文章や私が撮った風景・花・人形・情景などの写真の著作権は、管理者兼投稿者である私「武原ゆら」にあります。転用・複写・加工など、一切を禁止します。

スミス

  • マインクラフトvita での相棒。本名ブラックスミス。スキンヘッドに裸エプロン、その上筋肉隆々、いつも笑顔の爽やかな奴。鍛冶屋なのに建築したり線路引いたりしている。

メルト

れんか

ご紹介

ブログ


  • メルトくんとれんかちゃんのアルバムブログ

LOVE SILVIA 同盟

  • 日産シルビアをちょっと好きな人から心から愛する人まで参加不参加自由自在! 活動内容:シルビアを好きでいる  特典:特になし/このバナーでよければサイトやブログにどうぞ♪

サイドバーのアリンコン

  • Apkero411
    サイドバー用に撮影したアリンコンの写真
無料ブログはココログ